東北陸マイラー

旅行・陸マイラー活動を紹介

ソラチカ90%封鎖後はとりあえずLINEポイントで81%

ソラチカカード(メトロポイント)を使ってのANAマイル90%交換ルートは3月31日をもって封鎖されます。その後の交換ルートとして最も効率が良いのはLINEポイント経由してのルートになるでしょう。先輩マイラーのブログでも紹介されてますが、自分のための整理として記事にしました。良かったらご覧ください。

 

《目次》

 

ANAマイル90%交換ルート封鎖

 

マイラー界にとって歴史的な改悪で、ソラチカカード(メトロポイント)を経由してAポイントサイトから90%レートでANAマイルに交換できるルートは3月31を最後に封鎖されます。これについては、以前記事にしました。

 

www.springpapa.com

 

ここで注意したいのはメトロポイントからANAマイルへのルートが封鎖されるわけではなく、中継ポイントサイトからメトロポイントへの交換が封鎖されることです(黄色の「×」の部分)。

 

f:id:springpapa:20180305214433j:plain

 

つまり90%レートのメトロポイントからANAマイルへのルートはまだ生きてることになり、どうにかしてメトロポイントにたどり着ければ期待が持てることになります。

〈広告〉

 

生き残ったLINEポイント

 

ドットマネーやPeXだけではなく、メトロポイントに等価交換可能なGポイントなども同じく封鎖されます。そんな中で生き残ったのがLINEポイントです。

 

f:id:springpapa:20180305220757j:plain

 

LINEアプリにおいてもLINEポイントの交換先としてメトロポイントが表示されています。


f:id:springpapa:20180305220414j:image

 

交換は300ポイントが270メトロポイントという90%の交換レートです。300、500、1,000ポイント単位でしか交換できないのでこの辺りは不便ですね。


f:id:springpapa:20180305220549j:image

 〈広告〉

 

LINEポイントに交換可能なポイントサイト

 

直接交換可能なサイトは3つ

 

次にポイントサイトからLINEポイントへの交換ですが、直接交換できるサイトはGポイント・ポイントタウン・PeXの3つです。

 

f:id:springpapa:20180305223718j:plain

 

Gポイント

 

交換には5%の手数料がかかりますが、サイト利用で戻ってくるので、交換レートは基本的に100%です。少額商品でいいので、Gポイントから楽天市場などを利用するのが良いでしょう。

 

f:id:springpapa:20180305222010j:plain

 

ポイントタウン

 

分かりづらいのですが、ポイントタウンの2,000ptは100円相当なので、交換レートは100%です。ポイントタウンで獲得したポイントはダイレクトにLINEポイントに移行できそうです。

 

f:id:springpapa:20180305223907j:plain 

 

ポイントタウンで獲得したポイントはいいのですが、他のポイントサイトで獲得したポイントをここに集めることは不可能です。

 

PeX

 

次にPeXですが、このポイントサイトはこれまでも中継サイトとして力を発揮してきました。ここからLINEポイントに交換できるのでれば、他のポイントサイトからここに集めてとしたいところですがそううまくはいきません。

150p(15円相当)が10LINEポイントなので、交換レートは66%です。

 

f:id:springpapa:20180305224352j:plain

 

LINEポイントからメトロポイントへの交換レートが90%で、メトロポイントからANAマイルへの交換レートが90%なので、最終的に交換レート54%になります。これではレートが良くありませんね。

 

LINEポイントへの中継サイトはGポイント

 

LINEポイントへ直接交換可能な3つのポイントサイトを比較しましたが、PeXはレートが悪いですし、ポイントタウンは汎用性がありません。よって、Gポイントを中継サイトとして考えることになります。

〈広告〉

 

各ポイントサイトからGポイントへ

 

直接交換はモッピーのみ

 

GポイントからLINEポイントへは100%レートで交換できることは分かりましたが、各ポイントサイトから集約できなければ意味がありません。交換パートナーを確認します。

 

f:id:springpapa:20180306211110j:plain

 

98件のポイントから交換可能ですが、直接交換可能なポイントサイトはモッピーのみでした。しかも交換レートは100%です。

 

f:id:springpapa:20180306211729j:plain

 

ここでモッピーはLINEポイントにうまく乗せられることになります。

 

三井住友カードワールドポイントの活用

 

残念ながらGポイントへの直接交換はモッピーのみでしたが、PeXと交換可能な三井住友カードのワールドプレゼントがあります。

 

f:id:springpapa:20180306212039j:plain

 

ANAカードのプレミアム・ボーナスポイントがこれにあたり、直接ANAマイルに交換できるのですが、レートが悪いのでPeX経由でメトロポイントに交換し、ANAマイルに交換していました。この逆でPeXからワールドプレゼントに交換できれば解決できます。

結果、交換可能であることをPeXのサイトで確認しました。

 

f:id:springpapa:20180306213219j:plain

 

気になるレートですが、PeXの1,000pは100円相当です。100円が20p、20pがGポイントで100Gとなり100円相当、つまり交換レート100%です。モッピー以外のポイントサイトからは三井住友ワールドプレゼントを経由することでGポイントに繋がることが分かりました。

 

Gポイントへの登録必須

 

Gポイントの重要性はご理解いただけたかと思います。これまでポイントサイトとしては影が薄かったかもしれませんが、これからは必須のサイトです。まだ会員登録されていない方は良かったらこちらから登録してください。漏れなく50G獲得できます。

 

Gポイント

 〈広告〉

 

4月1日以降の交換ルートのまとめ

 

新ルートはLINEルート

 

これまでの内容をまとめると、ポイントサイトからANAマイルへの交換は次のようになります。ややこしいルートですが交換レートは81%です。

 

f:id:springpapa:20180415104902j:plain

 

交換日数は検証できていませんが、間違いなくソラチカ(メトロポイント)経由での交換より日数が必要になるでしょう。

 

改悪の可能性は「大」

 

このLINEルートも近々改悪される可能性が高いでしょう。陸マイラーは改悪との戦いです。貯められるうちに貯めまくりましょう!